船旅の注意点を解説

船旅の注意点:船酔い


船旅での注意点として、まず挙げられるのは「船酔い」です。
船ですので、全然揺れない航海もあれば、大きく揺れる航海もあります。
また、船酔いは個人差があり、少しの揺れでもダメな人もいますし、
揺れると考えるだけでダメという人も、中にはいるかもしれません。
しかし、現在の客船やフェリーには、
横揺れを防ぐ「フィンスタビライザー」という装置がついています。
この装置により、進行方向に対しての左右の揺れは、かなり防ぐ事ができます。
それでも、船旅での船酔いが心配な方は、船に乗る前に体調に注意して、早めに酔い止めを飲みましょう。
薬は無料で船に用意されていますし、船上ドクターがいれば、
保険はききませんが、酔い止め注射というのもあります。
もし、船旅で船酔いをしてしまっても、個室にこもって寝るより、
外に出て風にあたるとか、景色を眺めるなどして、ちょっとだけ注意を他所へ向ければ、
船での時間を楽しめば、船酔いの事を忘れられるかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク