船の旅でのクルージングの食事方法やテーブルマナーについての解説

テーブルマナー:注文


長期間の船旅や、外国船での船旅をする人のために、
テーブルマナーについて紹介したいと思いますので、参考にして下さい。
今回は、テーブルマナーとして、食事の注文の仕方を紹介します。
長期間の船旅などの場合、フルコースディナーを食べる機会があると思います。
日本のレストランなどでは、セットメニューがあり、
メインと前菜だけを選べばいいようになっていたりしますが、
海外では、セットメニューが無いことがほとんどだそうです。
基本的にメニューは、前菜・スープ・メインなどが、それぞれ2~4個ほどあり、その中から1つ選んでいくようになります。
料理を選んだら、メニューを閉じ、ウェイターが来るのを待ちましょう。
声をだして、ウェイターを呼ぶようなことはしないように、気をつけましょう。
料理の注文は、1人づつまとめて行います。
「私は、お肉、こちらは、お魚」などと、一度に注文しないようにしましょう。
また、デザートは、最初から注文する必要はありません。
食事が終わってからでも大丈夫ですので、食べれそうだと思ったら注文するといいでしょう。
これが、食事の注文の仕方のテーブルマナーになります。


  • このエントリーをはてなブックマークする  この記事をクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク