船旅の準備に関する手続きを紹介

船旅の荷物



長期間の船旅などになると、ランドリーサービスや船内で日用品が購入できるとしても、
荷物はそれなりの量になり、持ち運ぶのが大変です。
しかし、国内発の船旅であれば、自宅から出港地まで、
荷物を宅配便で送っておくことができるそうです。
また、海外での船旅ですと、出港地までは自分で荷物を運ばないといけませんが、
その後は、船の職員が荷物を運んでくれますので、荷物の量が多くても安心です。
ただし、身の回りの物、化粧品や小物、貴重品などを入れるセカンドバッグを、
手荷物用として用意しておくようにしましょう。
セカンドバッグは、荷物を預けてしまう下船の際にも役にたちます。
長期間の船旅でも、このように荷物を送ったり、運んでもらったりできますので、
量が多くなっても安心です。

ドレスコード~フォーマル

大きな客船での船旅や、外国船での船旅、
もちろんちょっとした船旅でも、ドレスコードがある船旅があります。
ドレスコードには大きく3つあり、
“カジュアル”“インフォーマル(セミフォーマル)”“フォーマル”となっています。
今回は、その一つ、「フォーマル」の服装について紹介したいと思います。
フォーマルは、礼装を意味していますので、
男性の服装としては、タキシードやディナージャケット、ダークスーツにネクタイなどになり、
女性は、イブニングドレスやカクテルドレスが基本になるそうです。
しかし、女性の場合、フォーマルのドレスコードでしたら、着物を着てもいいでしょう。
着物は、外国人の方にも人気のある服装だそうです。
船旅のドレスコード、フォーマルは、このような服装になりますので、
船旅に行く前にドレスコードを確認して、準備していきましょう。

ドレスコード~インフォーマル

大きな客船での船旅や、外国船での船旅、もちろんちょっとした船旅でも、ドレスコードがある船旅があります。
ドレスコードには大きく3つあり、“カジュアル”“インフォーマル(セミフォーマル”“フォーマル”となっています。
今回は、その一つ、「インフォーマル(セミフォーマル)」の服装について紹介したいと思います。
インフォーマルは、準礼装のことで、普段着よりワンランク上の服装といえるものになります。
船旅に限らずインフォーマルは、活躍頻度が高い服装といえるのではないでしょうか。
インフォーマルでは男性は、ブレザーやスーツ、ジャケットなどにネクタイという服装で、女性は、ワンピースやカクテルドレス、スーツというような服装になります。
船旅のドレスコード、インフォーマルは、このような服装になりますので、船旅に行く前にドレスコードを確認して、準備していきましょう。

ドレスコード~カジュアル

大きな客船での船旅や、外国船での船旅、もちろんちょっとした船旅でも、
ドレスコードがある船旅があります。
ドレスコードには大きく3つあり、“カジュアル”“インフォーマル(セミフォーマル”
“フォーマル”となっています。
今回は、その一つ、「カジュアル」の服装について紹介したいと思います。
船旅でのカジュアルな服装というと、男女ともにスポーティな軽装という感じになるそうです。
シャツやスラックス、スカートなどといった服装で、日中であれば短パンでも大丈夫だそうです。
しかし、夕刻には襟のあるシャツと長ズボンといった服装に着替えましょう。
船旅のドレスコード、カジュアルは、このような服装になりますので、
船旅に行く前にドレスコードを確認して、準備していきましょう。

船旅に必要な服装

船旅は基本的に、客船でのレジャーになりますので、くつろげる服装が一番ですが、大きな客船や外国船などでの船旅になると、大人の社交場という側面もありますので、それなりの服装の準備必要になります。
船旅では、大体夕方から就寝までの時間帯に、ドレスコードという服装の規定があります。
船旅のパンフレット(しおり)に、ドレスコードが記入されていますので、必要になる服を、船旅前に準備しましょう。
船旅でのドレスコードは大きく3つあり、“カジュアル”“インフォーマル(セミフォーマル)”“フォーマル”となっています。
それぞれに適した服や小物などを準備しておきましょう。
しかし、最近はドレスコードが緩やかになってきている船旅もあるそうですので、どのような服装が必要になるか、事前にしっかり確認しておきましょう。

船旅の予約

船旅に行く場合、その準備として、船旅の予約があります。
しかし、船旅の予約は、申し込みをしたら終わりとういわけではありません。
船旅の予約は、予約金を支払って、初めて正式予約となるそうです。
ここで支払う予約金は、船旅の期間や総費用によって金額は異なってきますが、大体船旅の料金の20%~30%ほどになるそうです。
しかしこの数字はあくまで目安ですので、船旅を取り扱っている会社できちんと確認をして下さい。
船旅料金の残金は、規定日までに支払う必要があるので、注意して下さい。
また、船旅の予約をなんらかの理由によりキャンセルする場合は、キャンセルの時期によっては、キャンセル料がかかる場合がありますので注意して下さい。
外国船や世界一周の船旅の場合、出発の90日前からキャンセル料がかかるケースがあるそうです。
船旅の予約は、このような感じになります。

テーブルマナー:ワイン

長期間の船旅や、外国船での船旅をする人のために、
テーブルマナーについて紹介したいと思いますので、参考にして下さい。
今回は、テーブルマナーとして、ワインについて紹介したいと思います。
ワインのテーブルマナーとして気をつけることは、グラスにワインが注がれるときに、グラスを差し出したり、手に取って持ち上げたりしないようにすることです。
食事中にワインがなくなった時も、自分でグラスの注いだりしないようにしましょう。
ウェイターやソムリエが、テーブルの状況をみて、ワインを注ぎに来てくれますので、食事をしながら待ちましょう。
また最近は、食事中にワイン以外の飲み物を飲むことも、それほど気にしなくてもいいようですので、
ビールが飲みたいなら、ワインを注文する際に、そのように注文しましょう。
これが、ワインのテーブルマナーになります。

テーブルマナー

船旅といっても、数時間のものから数ヶ月のものまで、さまざまな種類がありますが、
長期間の船旅や、フォーマルなどのドレスコードのある船旅では、
フルコースディナーの食事がある場合が多くみられます。
そこで、船旅へ行く前の準備として、テーブルマナーを勉強しておきましょう。
日本国内を巡るような船旅でしたら、ある程度のテーブルマナーができていれば、
ほぼ大丈夫だとは思うのですが、外国船での船旅などになると、
それなりにきちんとしたテーブルマナーでなくては、自分が恥をかいてしまうでしょう。
完璧なテーブルマナーを勉強するのは、大変ですので、
せっかくの船旅を、楽しく過ごす為に、
恥をかかない、自分が困らない程度のテーブルマナーを学んでおくといいでしょう。

船旅の準備:申し込み方

船旅がしたい時、どこにどうやって申し込みをすればいいのでしょうか。
船旅の準備として、申し込み方を紹介します。
船旅は大体、船会社が船旅のスケジュールを発表しています。
船会社が作る、船旅のパンフレットやホームページなどを見て行き先を決め、
船会社や旅行代理店に電話やメールなどで申込みましょう。
申し込み方は、それぞれの会社によって異なると思いますが、
申し込みをすると、会社から申し込み書類が送付されてきますので、記入して郵送しましょう。
予約が確定すると料金の振込みの案内がきますので、それを振込みましょう。
この時、申し込み金の請求がくる場合があります。
その場合は後ほど、後金を入金しなければいけませんので、注意して下さい。
あとは、船会社から船旅に必要な乗船券や日程表、
オプション案内など書類が届くので、当日まできちんと保管しておきましょう。
船旅は、船会社以外の旅行代理店やクルーズ専門店などでも扱っていますので、
いろいろな代理店の船旅の案内を見て、興味のある船旅を探してみましょう。

船旅の荷造り



船旅に行く前の荷造りで、何を準備したらいいのでしょうか。
もし、海外への船旅でしたら、パスポートは必須です。
それ以外にも、寄港地の季節や気温を事前に調べる必要があります。
それは、季節に合わせた衣類の準備が必要になって来るからです。
また、フルコースディナーやパーティーなどがある船旅でしたら、
フォーマルウェアに合わせた靴も必要になってくるので、衣類のみではなく、
小物の準備もしっかりしましょう。
船旅での寄港地の気候などによって、風邪など病気になる可能性もあるので、
普段服用している薬(風邪薬や胃腸薬など)があれば、準備しておきましょう。
その他にも、寄港地を観光する事があると思います、
そのような時には、小型のバッグなどがあれば、
便利なので準備しておくといいでしょう。
このようなポイントを押さえ、荷造りをしましょう。

ページトップへ このカテゴリーをはてなブックマークする  このカテゴリーをクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録   FC2ブックマーク