このサイトでは名古屋港、沖縄発からの船旅。ヨーロッパや韓国、また世界一周の船旅を紹介します。ここでは、北海道への船旅について紹介します。

商船三井客船の秋の味覚 釧路・大船渡クルーズ



横浜発着の北海道への船旅を紹介します。
商船三井客船の「秋の味覚 釧路・大船渡クルーズ」は、横浜発着で、
岩手県大船渡、北海道釧路を巡る船旅になります。
商船三井客船の秋の味覚 釧路・大船渡クルーズの日程は、
2007年9月18日~9月22日の4泊5日となっています。
この秋の味覚 釧路・大船渡クルーズでは、大船渡での獲れたてののサンマの無料試食や、北海道の秋の味覚をたっぷり味わえる船旅になっています。
もちろん、各寄港地での観光や、オプショナルツアーも用意されています。
商船三井客船の秋の味覚 釧路・大船渡クルーズの料金は、
1室2名利用で大人1人、159,000円となっています。
東北・北海道が満喫できる、商船三井客船の秋の味覚 釧路・大船渡クルーズはいかがでしょう?

太平洋フェリーの仙台~苫小牧航路

北海道への船旅として、
今回は太平洋フェリー仙台~苫小牧航路を紹介します。
太平洋フェリーの仙台~北海道苫小牧航路は、約560kmの船旅になります。
太平洋フェリーの仙台~苫小牧航路の運航ダイヤは、
上り便、北海道苫小牧を19:00発、仙台に翌日9:20着、
下り便、仙台を20:00発~北海道苫小牧に翌日10:45着となっています。
仙台~苫小牧航路は、太平洋フェリーの客船、
“きそ”“きたかみ”“いしかり”の3隻で就航していますので、
ほぼ毎日運航していますが、年末年始の運航は平常時とは異なりますので、
注意して下さい。
太平洋フェリーの仙台~苫小牧航路の運賃は、大人1人7,300円からになっています。
また、各種割引サービスがあるようなので、利用してみるといいかもしれません。
これが、北海道への船旅、太平洋フェリーの仙台~苫小牧航路になります。

新日本海フェリーの北海道への船旅:新潟~小樽

北海道への船旅の行き方として、今回は新日本海フェリー株式会社の、
新潟~小樽航路を紹介します。
新日本海フェリーの新潟~北海道小樽便は、火曜日~日曜日の、
ほぼ毎日運行しています。
新潟発~北海道小樽着の運行ダイヤは、新潟10:30発~小樽着翌日早朝4:30です。
小樽発~新潟着の運行ダイヤは、小樽発10:30~新潟着翌日朝6:00となっています。
しかし、運行ダイヤが変更される場合があるので、
利用前には必ず新日本海フェリーまで問い合わせて下さい。
約18時間の船旅になりますので、東北地方沿岸の景色を楽しみながら、
日常とは少し違う生活が楽しめるでしょう。
新日本海フェリーの新潟~北海道小樽航路は、「らいらっく」と「ゆうかり」、
2船で運行しています。
北海道へ旅をするなら、船旅はいかがでしょうか。

新日本海フェリーの北海道への船旅:敦賀~苫小牧東港(寄港便)

北海道への船旅の行き方として、今回は新日本海フェリー株式会社の、
敦賀~苫小牧東港、寄港便航路を紹介します。
以前紹介した、新日本海フェリーの直行便と違い、
敦賀~新潟~秋田~苫小牧東港と、
関西、東北、北海道を結ぶ航路になっています。
敦賀始発の運行ダイヤは、月・木・金曜で、敦賀を10:00発、新潟着22:30、
秋田着は翌日5:40、北海道苫小牧東港着は、17:20になっています。
北海道苫小牧東港発の運行ダイヤは、火・水・土曜で、苫小牧東港を19:30発、
秋田着は翌日7:45、新潟着15:30、敦賀着が翌々日5:30になっています。
この他にも、新日本海フェリーには、新潟発着の北海道苫小牧東港便もあります。
一定期間や船のドック入りなどで、運行ダイヤが変わる事がるので、
利用前には新日本海フェリーに、必ず問い合わせてみて下さい。
1泊2日、2泊3日での船旅になるので、普段とは違う日常が満喫できるでしょう。

新日本海フェリーの北海道への船旅:敦賀~苫小牧東港(直行便)

北海道への船旅の行き方として、今回は新日本海フェリー株式会社の、敦賀~苫小牧東港、直行便航路を紹介します。

新日本海フェリーの敦賀発の運行ダイヤは、敦賀を深夜1:15発、
北海道苫小牧東港に20:30着の予定になっています。


北海道苫小牧東港発のダイヤは、苫小牧東港を23:40発、
敦賀に翌日20:30着予定です。


この敦賀~苫小牧東港、直行便航路の運行は、毎日あります。
しかし、運行ダイヤの変更等ありますので、
利用前には新日本海フェリーへ問い合わせましょう。

敦賀~苫小牧東港の就航する船は、「すずらん」と「すいせん」2船あります。
この2船の超高速フェリーの就航で、航海時間が大幅に短縮され、
スピーディーで快適な船旅が楽しめる事でしょう。

新日本海フェリーの北海道への船旅:舞鶴~小樽、敦賀~小樽航路



北海道へ行く船旅は、いろいろあると思いますが、
今回は、新日本海フェリー株式会社の舞鶴~小樽、敦賀~小樽航路の船旅を紹介します。
新日本海フェリーの舞鶴~小樽、敦賀~小樽航路は、ほぼ毎日就航しています。
運行ダイヤとしては、舞鶴が深夜0:45発、北海道小樽に20:45着予定になっています。
北海道小樽発の運行ダイヤは、小樽23:30発、舞鶴に翌日21:00着になっています。
敦賀の運行ダイヤは、敦賀発深夜1:30、小樽着が20:30で、
小樽発ダイヤは、小樽23:30発、敦賀着は翌日20:30になっています。
ダイヤの変更、運休日等ありますので、
利用前には新日本海フェリーに問い合わせてみて下さい。
また、敦賀~小樽航路は、特定日のみ運行していますので、確認が必要です。
世界初の推進システムにより、最高速力32ノットのリゾートフェリーで、
スイートルームや特等A客室などもあり、快適な船旅ができると思います。

ページトップへ このカテゴリーをはてなブックマークする  このカテゴリーをクリップ!  del.icio.usに追加  Buzzurlにブックマーク  Yahoo!ブックマークに登録   FC2ブックマーク